『アランフェス協奏曲』

カニサレスは、ベルリン・フィルに招待された最初で唯一のフラメンコ・ギタリストです。2011年、ベルリン・フィルの創立記念を祝うヨーロッパコンサートで、サー・サイモン・ラトル指揮のもと、マドリードの王立劇場で『アランフェス協奏曲』を演奏しました。このコンサートの様子は、全世界にテレビ中継され、日本でもNHKで放送されました。

Cañizares Concierto de Aranjuez

「フアン・マヌエル・カニサレスは驚異的なギタリストである」

サー・ライモン・ラトルベルリンフィル首席指揮者

雑誌『オーディオ・クラシカ』のインタビューにて

(2011年、XIV-166号)


「カニサレスは、魅惑的で偉大なギタリストである」

ジェラール・モルティエ

王立劇場芸術監督/元ザルツブルグ音楽祭芸術監督

スペイン国営放送『文化の仕事』

2011年放送


カニサレスのアランフェス協奏曲はフラメンコの情緒にあふれつつも、オリジナルの楽譜に非常に忠実。素晴らしい演奏でした」

                                            セシリア・ロドリーゴ

ホアキン・ロドリーゴの娘/ロドリーゴ基金会長)

スペイン国営放送『文化の仕事』

2011年放送


スタンディングオベーションは、数分間途切れることがなかった」

スペイン紙『エル・インパルシアル』

2011年5月1日


「(アランフェス協奏曲は)観客に媚びることない、程よいバランスの個性が光っていた。そして細部にわたって驚きが隠されており、人々は新たな素晴らしさを見いだしたかのようだった(中略)ベルリンフィルの団員も、指揮者も、ギタリストに惜しみない拍手を贈っていた」

フアン・アンヘル・ベラ・デル・カンポ

スペイン全国紙『エル・パイス』評論家

2011


「カニサレスは、大きな挑戦に見事に打ち勝った。ラトル氏は通常よりも大人数のオーケストラを指揮し、彼らは愛情もって演奏し、素晴らしい結果をもたらした」

トマス・マルコ

音楽家・作曲家/『エル・ムンド』紙の音楽評論家

スペイン全国紙『エル・ムンド』

2011年5月2日


「フラメンコ・ギタリストによって、真摯的に、かつ尊厳を持って演奏された『アランフェス協奏曲』は、新しい息吹と個性に溢れ、ラトル氏とベルリンフィルとの共演は、想像しうる限り最高の室内楽となった」

フェルナンド・エレーロ

音楽評論家

スペイン紙『エル・ノルテ・デ・カスティージャ』

2011年5月3日


「スペイン最高のギタリストの一人であるカニサレスは、ベルリンフィルと共演した初めてのフラメンコの演奏家となった」

スペイン国営放送『文化の仕事』

2011年5月29日放送

©JAVIER DEL REAL

Europa Koncert from Madrid 2011

Berliner Philharmoniker

Sir Simon Rattle

Guitar: Cañizares

Teatro Real

ヨーロッパコンサート

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サーサイモン・ラトル指揮

ギター:カニサレス

マドリード王立劇場