RODRIGO-POR-CANIZARES-CD
Newsletter Cañizares

明けましておめでとうございます

今年は、カニサレス3度の来日が決定しております。まず最初は5月末〜6月初めにかけて、『カニサレスによるロドリーゴ』の日本版発売記念での来日。続いて夏のオリンピック期間中の来日。カニサレスが曲を手がけている、スペインのアーティスティックスイミング チームの事前合宿(於:山口市)にも参加し、8月3日より開催されるデュエット、8月7日より開催されるチームの選手の皆さんを東京で応援します。そして9月には、全国ツアーも予定されております。

カニサレスの『アル・アンダルス協奏曲』

牛追い祭りで有名な、スペインパンプローナに本拠地をおく、ナバラ交響楽団の定期公演で、カニサレスの『アル・アンダルス協奏曲』が演奏されました。

カニサレスが作曲し、盟友パコ・デ・ルシアに捧げた『アル・アンダルス協奏曲』はフラメンコ的な要素がたくさん盛り込まれており、打楽器としてパルマ(フラメンコの手拍子)が登場します。

カニサレス、ジブラルタルでのコンサート

イベリア半島の先端、地中海の入り口に位置する英領ジブラルタルで、カニサレスのギターソロ公演がありました。

会場となったのは、16世紀に建てられたジブラルタルでも歴史あるジブラルタル総督府(ザ・カンヴェント)。昭和天皇は皇太子時代の1921年にこの地を訪れ、この総督府の庭に記念の植樹をされたそうです。

グラン・カナリア・チャリティーコンサート

このチャリティーコンサートでカニサレスは、ソリストとしてロドリーゴの『ある貴紳のための幻想曲』を演奏しました。この演目は前回の共演でも演奏した曲で、リハーサルはとてもスムーズに。
そして、出演した全ソリストと、オーケストラ、コーラスの皆さんとの練習も、とても順調に進みました。